積極的な精神露出

公開型自分用メモという矛盾、ものすごく自分語りする

二重性の構造分析

セクシャリティがしっちゃかめっちゃかだ。

 

最新の結論、「社会的性自認は女、性的願望自認は男」

端的に言うと、普通に生きていく上では何だって良い(女でいた方が少しでも綺麗でいられそうな気はする)んだけど、セックスは男としてやりたい。男の体でセックスがしたい。
前にレズ寄りのバイって自認したけど、女性性を見る自分はヘテロなんだよ。

どっち寄りってこともないけどどっちもイケて、自分を男として男性性を見てる節がある。

 

昔からね、とにかくイケメンになりたかった。と同時に美しい女でありたかった。
この辺の極端な価値観を、心がドラァグクイーンなのよとか言って納得してたけど、半分正解で半分間違いね。
全面的に男として生きたいわけじゃない。たまたま女に生まれてみたところ、楽しいことがたくさんあって出会うべき友人に出会って、贅沢な人生だと思う。不満はない。
ただ、容姿や人間性やひっくるめてとにかくカッコイイ人(特に二次元)を見ると、恋をするのではなく「その人になりたい」と強烈に憧れるようになった。私の言う「推し」の最上級はこれ。決してメロメロになっているのではない。ないぞ。

 

この流れで長年腐女子としてシコシコ勤しんでると、自然に攻め願望が出てきた。
その感情を5年ぐらい持ち続けて気付いたよね。ああそういうことかあって。
なんで自分は男を抱ける体じゃないだろうって、たまに1mmぐらい絶望する。
穴しか持たない体では、ケツで抱くタイプの攻め型受けを目指すしかない。

 

自分のことをスパダリの生まれ変わりだと思ってるから、いくら女体だからって並みの男には抱かれてやるものかという曲がったプライドがあるのも確かだ。
それもあって余計にセクの拗らせに拍車がかかってるんだろう。
ただし最近、好みドストライクで圧倒的に雄でとにかく性癖に刺さるメンズを前にすると屈してしまうというのもわかってきた。
諸々を理解しきらない内はそれも癪だったんだけど、「男が好き」だと気付くとああ仕方ない、動物としてマウントを取られたんだと納得できた。
攻め×攻めとかケンカップルとかが昔から好みだったのも納得した。
イケメン美女を組み敷くのも非常に好き。そういうこと。
今の推し、自分の複雑なアレコレをそれはそれは解消してくれるので大変によい。

なぜ彼が自分じゃないのか、時々悲しくなるけどね。

 

最近の口癖は、「いっそ男と付き合いたい」です。
この一言の構造を紐解くと、あまりにめんどくさいという話でした。